トルソ展作品紹介

少しよそ行き顔の、テラコッタのトルソは、
彫刻家、二ノ宮裕子さんの作品。
『奏でる』というタイトルがついています。
今年の菜の花カレンダーのうさぎの人形の作者
くら田たまえさんのレリーフ作品は
ご本人いわく『モナカ』
でも、和紙を重ねて作ったとは思えない量感です。
大きく差し出された腕が印象的な
大島美枝子さんの木彫作品は『枝人』と名付けられています。
ガラス作家の安土忠久さんは『ガラスのおっぱい』
窓からの日差しが透けて、暖かそうです。



18. 12月 2005 by STAFF
Categories: utsuwa | トルソ展作品紹介 はコメントを受け付けていません。