荒木節子の染帯

荒木節子の染帯』展より

荒木さんの染の魅力のひとつ。はっきりとは表れていない、景色の向こうに感じる光のようなもの。

 

 

 

その海の向こうに見えるのが、夜明けの光なのか、漆黒に沈む寸前なのかは、見る人に委ねられているのかもしれません。

 

 

今はそれを、朝の光と思いたい

  • 4月26日まで 開催中です

26. 4月 2020 by STAFF
Categories: 未分類 | 荒木節子の染帯 はコメントを受け付けていません。