うつわ菜の花 2024年の企画

1月20日(土)―2月4日(日) 見立ての茶の楽しさ 田代道彌展
2月10日(土)―2月29日(木) 黒田泰蔵の小さな白磁
3月16日(土)―3月24日(日) 黒田泰蔵の白磁
3月30日(土)―4月7日(日) 藤井勘圿の絵画
5月9日(木)―5月13日(月) 川添微のエメラルド
5月18日(土)―5月27日(月) 金重周作のやきもの
6月8日(土)―6月16日(日) 井上有一の書
6月22日(土)―6月30日(日) 信楽渡辺愛子展 ゲスト海田曲巷
7月6日(土)7月15日(月祝) 羽生野亜の木工家具と神林學の彫刻
7月20日(土)7月30日(火) 大平新五の骨董とやきもの  *菜の花カレンダーに記載漏れがございました。
8月3日(土)―8月18日(日) 黒田泰蔵 白磁
8月24日(土)―9月1日(日) 冨沢恭子のカバン
9月7日(土)―9月16日(月祝) 匙屋さかいあつし展
9月21日(土)―9月29日(日) 加藤尚子のガラス
10月3日(木)―10月14日(月祝) 深澤彰文の白磁
10月18日(金)―10月29日(火) 角有伊 輪島の漆
11月30日(土)―12月8日(日) 奥直子の陶
12月14日(土)―12月22日(日) 細川護光の陶と岸野承の木工

27. 12月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | コメントを受け付けていません

杉本光俊 白い器

杉本光俊の白い器
コップとお皿と花入れ
【会期】
12月2日.土―12月10日.日
作家在廊日 2日(土)・3日(日)
【会場】
うつわ・菜の花
小田原市南町1-3-12
OPEN 11:00―18:00
12月6日.水は定休

20年くらい前に、杉本光俊くんはうつわ菜の花のことを知ったそうだ。何回も会社に電話をして断られた後、たまたまぼく本人が出て「会うだけ会おう」と言ったのがきっかけ。それから、うつわ菜の花の写真を撮ってもらって来た。

今回白磁泥漿鋳込みで、花器、皿、カップ、コーヒーカップ、茶碗を焼いて来た。いろいろな実験を重ね、型から抜いた後削ったり磨いたりに思いをかけているようだ。
皆さんの目にどのように映るか判断はお任せして、まずは見に来てください。

06. 12月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 杉本光俊 白い器 はコメントを受け付けていません

内田鋼一

つぼと茶盌と緑青・黒陶オブジェ

2023.10.21.sat.-10.29.sun

会場が変更になっております。

年間予定表、大磯うつわの日の広告では箱根の会場を記載しておりますが、

小田原の「うつわ菜の花」での開催となります。

お間違いのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

小田原市南町1-3-12

℡0465-24-7020

17. 10月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 内田鋼一 はコメントを受け付けていません

吉田素子の絵画

2023.9.15.fri.-9.24.sun

17. 10月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 吉田素子の絵画 はコメントを受け付けていません

渡辺隆之 土とかたち展

2023.9.2(土)-9.10(日)

作家在廊日 2日(土)3日(日)

11:00-18:00  6日(水)定休

01. 9月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 渡辺隆之 土とかたち展 はコメントを受け付けていません

佃眞吾の木工

2023.8.19(土)―8.27(日)

11:00-18:00  23日(水)定休

作家在廊日19日(土)20日(日)

17. 8月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 佃眞吾の木工 はコメントを受け付けていません

井上有一の書 箱根菜の花展示室

03. 6月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 井上有一の書 箱根菜の花展示室 はコメントを受け付けていません

黒田泰蔵の白磁

 

2023年2月3日(金)〜2月26日(日)

11:00〜18:00    水曜定休

黒田泰蔵さんが亡くなって2年。私にとってその存在は今更ながら大きい。自ら企画した本ができたり、円筒と梅瓶について語る人が出てきたりしている。

黒田泰蔵さんが取り組んでいた白磁の仕事は、幅が広く、深い。

 

2012年の10月23日にできて、菜の花で出した本の表紙を飾った円筒。「国宝ができたよ」と言って持ってきてくれたもの。菜の花の所有にはならなかったが、素晴らしく良いものだった。忘れることができない作品。今回は円筒を7点出したいと思います。その中には国立近代美術館工芸館に出品された3点もあります。

2015年から21年までの間は、円筒については作ることができなくなっていたようで、しんどそうであった。

梅瓶については最後の最後まで作っていた。それまでになく、高台の部分がチャーミングな丸み帯びたものも作っていた。ヒビが入っていたとしても、目指す形が明確に出来上がっていた。気持ちの良いものだった。今も私の手元にあって、出してみたいと思います。

 

黒田泰蔵さんを見つめて来た27年間を振り返って、展示できればと思う。

  髙橋台一

 

01. 2月 2023 by STAFF
Categories: 未分類 | 黒田泰蔵の白磁 はコメントを受け付けていません

内田鋼一展

22. 12月 2022 by STAFF
Categories: 未分類 | 内田鋼一展 はコメントを受け付けていません

内田鋼一の茶碗

 

2022.12.17.(土)〜12.25(日)

作家在廊日 17日(土)

open11:00〜18:00

21日(水)定休

 

うつわ菜の花

神奈川県小田原市南町1-3-12

16. 12月 2022 by STAFF
Categories: 未分類 | 内田鋼一の茶碗 はコメントを受け付けていません

← Older posts