川添微・三浦世津子〈エメラルドとガラス〉うつわ菜の花

2020年 6月5日.金―6月9日.火
OPEN 11:00―18:00 会期中無休
三浦世津子さんが 5日(金)に在廊されます

 川添微さんのエメラルドの採掘の場所は南米コロンビア。
大変なところですが、現地で直接見て入手しています。研磨、加工にも携わって、ニューヨークで宝石鑑定士の資格も得て、やっているのです。とことん自分の納得するものを得ているのが素晴らしいと思います。しかも自分が自然の中にいる時にエネルギーが湧いてくることに気づき、バリ、ウブドで仕事をしているのです。
今回コロナの影響で、残念なことにバリ島から日本の小田原に来ることができません。微さんのエメラルドへの熱い思いをメッセージにして届けてくれました。

エメラルド原石の存在を知ってほしい。それが、私が制作にかける情熱のもとです。。
エメラルドと聞いてほとんどの人はカットされた緑の宝石を思い浮かべるでしょう。
エメラルドの原石が六角柱で出てくることや、原石の中に広がるインクルージョンが
宇宙を垣間見るような表情を見せること
他の鉱物、黄鉄鉱やカルサイトに抱かれるように出てくることもあると知っている人はまだまだ少ないです。

エメラルド原石の産まれたままの美しさは
カットしたエメラルドのような輝きはない、
その素朴なたたずまい、侘び寂びにも通じる美は
カジュアルな装いにもフォーマルにもしっくりとくる
あなただけの“日々のジュエリー”になると信じて制作しています。
                                   川添微

三浦世津子さんのガラストレイの上で、エメラルドはいっそう輝きを増します。世津子さんのガラスのウェーブの良さ、ガラスの彫りのさわやかさが、逆にもり上がって見えるサンドブラスト。きれいです。6月の光に映える、世津子さんの透明感のあるガラスと、エメラルドのコラボレーションをお楽しみください。

今展では、世津子さんが初日に在廊されます。微さんは、バリからオンラインで皆様のジュエリー選びのお手伝いをして下さいます。お電話にてお問い合わせ頂き、お客様が重ならないようご案内させて頂きます。空気や人が密にならぬよう、引き続き気をつけて参ります。

2020.5.20 髙橋台一



パンフレットのダウンロードはこちらから

01. 6月 2020 by STAFF
Categories: utsuwa | 川添微・三浦世津子〈エメラルドとガラス〉うつわ菜の花 はコメントを受け付けていません。