次回お知らせ

次回展示会は

9月18日より

丸山正の着物と帯

 

次回のお知らせ

9月18日より
丸山正さんの「着物と帯」
を開催いたします

丸山さんはこれまで、黒物着で来たが、今回はその先の色ものが出て来た。長年に渡って、自然に習って風化させている感じは色ものでも同じである。ローラーで引いたりして布を痛めつけて、彼なりのピンク、黄の色合いが作られている。それは僕が尊敬する古道具坂田で見た年代物のアフリカの布やペルーの布に感じたものに近い。たまらなく惹きつける力が在る。
最近、心境の変化がありますかと問うと、「ありっぱなし」との答え。「昔は目立ちたい、売りたいなど欲があったが、まじめになった。ものづくりに対して、純粋に、真剣になった。」求めているものを言葉では表現しきれないと言う。
布を何枚つぶしているかわからないが、一番良いものを帯にしている。この着物にと合わそうと思って作ってはいないが、とんでもなく、合うことがある、とも言う。

もともと着物や帯があまり好きじゃなかったと意外なことも言う。
平面だった布が、人に巻きつけていくと、刻々と変化していく。
モデルの人も変化していく。そこに快感がある。始めると、そのことに燃えてしまうほど。そして巻きのために素材を作っていくといっても過言ではない。
今回、コロナ禍だが、マスク、フェイスシールド、換気対策やアルコール消毒等を行い、ご希望のお客さまに、巻きのパフォーマンスをする予定です

菜の花店主 髙橋台一

丸山正の着物と帯
2020.9.18〜9.22
11:00〜18:00 会期中無休

 

 

 

 

14. 9月 2020 by STAFF
Categories: 未分類 | 次回お知らせ はコメントを受け付けていません。