佃眞吾・木工 | うつわ菜の花

佃眞吾・木工

2017年
12月2日.土 ― 12月10日.
作家在廊予定 2日.3日 定休日 6日 OPEN 11:00―18:00

2日の初日には 、佃さんの作品に、杉謙太郎さんが生けた花をご覧頂けます。

菜の花のお店で使っている小さなお盆は、5年ほど経った我谷(わがた)盆である。素材は栗の木で、屋根のへぎ板や電信柱に使われてきたのも、腐らないからである。ノミの彫りが深く、すきっとしてい る。使われてきて、薄手の漆が柔らかい色へと変わってきている。それが実に良いのです。
神代欅のお盆も届きました。神代というのは、千年以上埋もれていて、腐らずにあった木で、そのままあると化石、炭になるけれど、工事などの折に見つかるのだそうです。すごいことですね。お盆の色はグレーになっていて漆がかかり、茶を帯びて僕はとても好きです。
今回、我谷盆で作られたお重が三作あるそうです。厚手で重量感のある、漆もしっかり浸み込んだお重です。
また 、N H K「きょうの料理ビギナーズ」で、とり上げられている「ごはんがおいしくなる器」の黒漆椀は、ベストセラーだそうです。佃さんの定番で、こちらは二椀しか来ないので、ご注文を受け付けます。古代的な形ですが、今、日常で使いたくなる器です。今回は杉謙太郎さんが花を生けて下さるので、花器もいくつか届く予定です。楽しみです。
2017年11月16日 店主たかはしたいいち


PDFをダウンロード(356KB)

20. 11月 2017 by STAFF
Categories: 未分類 | 佃眞吾・木工 はコメントを受け付けていません。