小川待子のうつわ

2018 年
11月3日.土 ―11月11日.日
作家在廊日 3日 Open11:00―18:00
定休日 7日

この11月で、うつわ菜の花は20周年を迎えます。この間支えて くださった全てのお客様に、感謝の気持ちでいっぱいです。 和菓子菜の花の時代から、親交のある作家の方々を始め、参加し てくださった全ての作家の方々。その他毎月のように企画してき たコンサートや花会等で、協力してくださった方々も思い出され ます。皆様本当にありがとうございました。

海を見下ろすアトリエに、小川待子さんを訪ねた。
アフリカのマスクや道具、布。たくさんの書物に囲まれた、テーブルには、今
回のための作品が並んでいた。僕はびっくりした。圧倒される強さの茶碗。鈍
く光る金の色だった。
純度の高い金を使うことで、マットな質感になるのだそうだ。そしてザラッと
した梨地の肌に吸い込まれた金彩は、割れ目にも入ってゆき、その陰影がさら
に金に奥行きを見せている。小川さんは、以前は金をあまり使わなかった。人
生の時を重ねてきたことで、使えるようになったのかもしれない。まず飲みた
い。月末の鈍翁茶会でも使ってみたいなあ。

もう一つ、心を捕らえられた作品は、「結晶と記憶」と名付けられている。 1230度を越える高温で焼かれた磁土の塊に、ガラスが大きな結晶のように ついている。太古の大地からちぎり取られたような力強さを持ちながら、磁土 は白く、ガラスは気泡のある柔らかさを見せ、底部は滑らかな肌の小さな点で 支えられていて、まるで王女のようだ。 形は、磁土を選び取るところから始まっている。と、話してくれたのが印象的 だった。

うつわ菜の花のオープン企画を飾ってくださったのは小川待子さんでした。そ して年月が経ち、今回20周年を、小川さんの作品展で迎えられることは、こ のうえない喜びです。
小田原で、お待ちしております。

PDFのダウンロードはこちらから

30. 10月 2018 by STAFF
Categories: 未分類 | 小川待子のうつわ はコメントを受け付けていません。