三人三様の世界 神林學 安土忠久 内田鋼一

三人三様の世界 神林學 安土忠久 内田鋼一
2019 年 8 月24日. 土― 9月1日. 日
作家在廊日 24日 OPEN 1 1: 00 ―18 : 00 定休日 28日

神林學さんは彫刻家。本人の作品展示はもちろん、
菜の花駅前店の展示、うつわ菜の花の展示も35 年以上担って来てくれています。
安土忠久さんとは35 年前、松本の「ちきりや」で初めて安土さんのガラスのコップを見つけて、
気に入って以来のつきあいです。
神林さんの彫刻展を見た時、「欲しい」と言って持って帰ってしまった人です。
内田鋼一さんは、豪快な陶芸家だと角有伊さんから聞いて出逢いました。
毎年何らかの作品を挑んで作られて来た方で、飽きることのない人。ケンカをしてはいけない人です。
こんな三人が今回は一人ずつ、自分の世界でやることになりました。
人間の顔、動物がテーマです。三人三様の世界。お楽しみに。
どれもこの機会でなければ、見ることのできない作品です。

リーフレットのダウンロードはこちら

11. 8月 2019 by STAFF
Categories: utsuwa | 三人三様の世界 神林學 安土忠久 内田鋼一 はコメントを受け付けていません。